hostsファイルについて

「hosts」ファイルは、PCのシステムファイルで、DNSより優先されるテキストファイルです。
hostsファイルにドメイン名、IPアドレスを記載することで、ネームサーバーを切り替える前に、一時的に同じサイトURLでこれから作成する新サイトへアクセスすることができます。

hostsファイルにサーバー情報を追記

hostsファイルに新サーバーのIPアドレスとドメイン名を記載し、一時的に新サーバーへアクセスできるようにします。
【注意事項】
hostsファイルは大変重要なファイルです。記述ミスなどないよう慎重に編集を行ってください。
必ず半角英数字で入力してください。

追記する内容

[サーバーのIPアドレス][半角スペース][ホスト名(FQDNドメイン名)]を記載します。

例:
xxx.xxx.xxx.xxx example.com

WindowsVista/7/8/10の場合

hostsファイル追記

下記ファイルに[サーバーのIPアドレス][半角スペース][ホスト名(FQDNドメイン名)]を追記します。 ・hostsファイルを編集するには管理者権限が必要です。メモ帳を開く際に、【メモ帳アイコンを右クリック→管理者として実行】をしてから下記hostsファイルを編集してください。 C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

DNSキャッシュをクリア

hostsファイルに記載した情報が反映されるようPCとブラウザのDNSキャッシュをクリアします。 コマンドプロンプトを使用しDNSキャッシュをクリア後、hostsファイルのDNSを反映させるためご利用ブラウザも併せて再起動しましょう。 アクセサリ - コマンドプロンプトを起動し、「ipconfig /flushdns」と入力する。 DNSキャッシュが削除されたかどうか確認するには、 同じくコマンドプロンプトで、「ipconfig /displaydns」と入力する。

DNS情報の確認

hostsファイルの変更がDNSに反映されているか確認します。 必ずDNS情報が反映されていることを確認してから次のステップへ進んでください。 コマンドプロンプトよりpingコマンドを実行し、新サーバーのIPアドレスにpingされていればOK $ ping example.com PING example.com (xxx.xxx.xxx.xxx): 56 data bytes ※dig, nslookupコマンドはhostsファイルが反映されないので、pingコマンドで確認します。

MAC/OSの場合

hostsファイル追記

下記ファイルに[サーバーのIPアドレス][半角スペース][ホスト名(FQDNドメイン名)]を追記します。 /private/etc/hosts

DNSキャッシュをクリア

hostsファイルに記載した情報が反映されるようPCとブラウザのDNSキャッシュをクリアします。 ターミナルアプリを使用しDNSキャッシュをクリア後、hostsファイルのDNSを反映させるためご利用ブラウザも併せて再起動しましょう。 ターミナルを起動し、「sudo dscacheutil -flushcache」を入力する。
DNS情報の確認
hostsファイルの変更がDNSに反映されているか確認します。 必ずDNS情報が反映されていることを確認してから次のステップへ進んでください。 ターミナルよりpingコマンドを実行し、新サーバーのIPアドレスにpingされていればOK $ ping example.com PING example.com (xxx.xxx.xxx.xxx): 56 data bytes ※dig, nslookupコマンドはhostsファイルが反映されないので、pingコマンドで確認します。

注意事項

新サーバーのサイト構築が完了しましたら、必ずhostsファイルは元の状態に戻してください。(※追記した記述が残っている場合、ネームサーバー切り替え後に正しくアクセスできない状態となりますのでご注意ください。)