ご利用サイトのデータ転送量が多い場合、

CloudFlare(CDN)を導入することで大幅に転送量を軽減することができます。

JETBOYレンタルサーバーでCloudFlareを導入される場合のご設定方法をご案内致します。

CloudFlareアカウント作成と初期設定

はじめに、CloudFlareのアカウントを新規作成し、初期設定を行います。

CloudFlare新規アカウント作成

CloudFlareのアカウントを作成します。

下記CloudFlareサイトにアクセス

【CloudFlare新規アカウント作成】

下記項目を入力して「Create Account」をクリック

・Eメールアドレス
・パスワード
・「I agree to Cloudflare’s terms and conditions and privacy policy.」にチェックを入れる


CloudFlareサイトを追加

CloudFlareを導入するサイトのドメインを入力して「Scan DNS Record」をクリックします。

※注意:「www.」などはサブドメインとなりますので、ここではメインドメインを入力してください。
例:
サイト名:www.jetboy.jp
入力するドメイン:jetboy.jp

30秒程度でドメインのDNSレコード情報のスキャンが完了しますので、「Continue」をクリックします。

ドメインのDNSレコードが自動でスキャンされ一覧で表示されますので、
初期設定のまま「Continue」をクリックしてください。
※cloudflareでキャッシュするドメインをカスタムしたい場合はここでドメイン設定を変更しますが、
後ほどでも変更が可能ですので、ここでは初期設定のままで問題ありません。


CloudFlareプランの選択

Freeプランを選択し「Continue」をクリック


CloudFlareネームサーバー名の確認

CloudFlareのネームサーバーが表示されますので、
ネームサーバー名を確認後、「Continue」をクリックします。
※注意:後ほどネームサーバーを変更する際に必要ですので必ずネームサーバー名をご確認ください。

下記CloudFlareのダッシュボードが表示されましたら、CloudFlareの初期設定は完了となります。


ネームサーバー変更

最後にネームサーバーをJETBOYからCloudFlareのネームサーバーへ変更して完了となります。

ご利用レジストラにて、JETBOYのネームサーバーから、先ほど確認したCloudFlareネームサーバーへ変更してください。

ns1.jetboy.jp -> CloudFlareのネームサーバー名
ns2.jetboy.jp -> CloudFlareのネームサーバー名

お名前.comで取得したドメインのネームサーバー変更方法

バリュードメインで取得したドメインのネームサーバー変更方法

ムームードメインで取得したドメインのネームサーバー変更方法

さくらインターネットで取得したドメインのネームサーバー変更方法